保険会社“justInCase”で働くコーポレートエンジニアの魅力とは②

justInCaseTechnologies(jicTech)のコーポレートエンジニアの魅力を伝える企画第2弾。今回は、コーポレートIT部門を立ち上げた中西にインタビューしました!数年後の上場を目指す当社が新メンバーに期待することとは。

自由度の高い魅力的な働き方

―当社の働き方をどう思いますか。

とても働きやすいと思います。当社エンジニアは、裁量労働制・フルフレックスタイム制を導入していて、海外や地方から参画するメンバーも多数在籍していますが、それでも困らない体制が当社にはあります。たとえば、月に一度ナレッジ報告会、プロダクト勉強会や経営報告会を開催することで「全社メンバーが顔を合わせる場」をつくっています。またスラックでの全社共有も活発です。働き方の自由度がかなり高く、子育てや介護をしながら働くメンバーもいます。


情報システム部門立ち上げ〜現在のチーム体制

―情報システム部門が立ち上げられた経緯を教えてください。

私自身、他事業部のエンジニアとしてジョインし、joinsureの事業拡大に伴い、joinsureのセキュリティチェックを含む体制整備も行っていました。joinsureの体制整備を進めていくと未整備の部分が多数見つかったんです。joinsureだけでなく会社の事業全般に言えることだったので、情報システム部を立ち上げることになりました。

―情報システム部の業務について教えてください。

お客様向けのセキュリティや社内体制チェックを行っています。そこから派生した社内体制整備も担当していて、会社の体制やセキュリティルールをチェックします。たとえば、joinsureを導入するお客様からすると当社は委託先となるため、私たちのチームが当社のセキュリティチェック、社内体制を確認し、それに対する答えを出す業務を担っています。社内のセキュリティルールや端末に対してのアンチウイルス導入確認もコーポレートIT業務の1つです。

―チームのメンバー構成を教えてください。

現在のチームメンバーは、フルタイムの私と、週10時間稼働の業務委託メンバー2名の計3名です。業務委託の方に市場調査、サービスの選定や比較をメインで担当いただき、とりまとめや申請を私が引き継いで行っています。


まだまだメンバーが足りないフェーズのなか、新メンバーに抱く“入社直後〜中長期的な活躍イメージ”

―入社直後、新メンバーにどんな業務を任せたいですか。

新メンバーには、必要なサービスと仕組みの構築・選定を任せたいです。具体的には、端末管理、MDM、Idpなどの導入。これらは、チームの直近の課題でもあります。

―どんな方に入社して欲しいですか。

当社には、経験年数より今まで従事した内容や実績を評価する文化があります。会社やプロダクトのセキュリティ対策の経験や、情報セキュリティマネジメントの知見がある方で、仕組みの構築や選定を0から立ち上げられる方に入社して欲しいです。現在、ゼロトラストセキュリティの構築中なので一緒に進めて行きたいと思っています。

―中・長期的に考えて、新メンバーにどんな活躍を期待しますか。

中・長期的にいうと、数年後の上場に向けた準備もお任せしたいです。導入時期は未定ですが、外部認証取得(ISMS、ISO、Pマークのいずれか)を想定しています。

日々変化するセキュリティを扱う為には、日頃のキャッチアップがとても大切。また、作って終わりではなく、運用ルール含め、仕組みやサービスの改善も重要な業務です。セキュリティのトレンドやインシデントの情報を収集し、対応できているかどうか振り返る作業を怠らずに改善構築できる、主体的な方が向いていると思います。

また広報と連携した社内外への発信もお任せしたいです。コーポレートは、他部署ともよく関わる部門。様々なメンバーとのコミュニケーションを楽しみながら一緒に立ち上げに奮闘してくれる方、ぜひお待ちしています!


justInCaseでは、コーポレートエンジニアをはじめ、さまざまな職種で積極採用中です。

詳しくは、採用ページをご覧ください。

保険料ゼロ円からのがん保険をご存知ですか?

  • がんになったら80万円給付!
  • がんになった人の保険金をみんなでわりかん
  • 誰も請求しないと保険料の支払いはゼロ円
  • 毎月の保険料は最大でも500円(被保険者: 20-39歳の場合)

↓↓↓詳細は画像をクリック↓↓↓