Human Resources 橋爪 | 人事として企業成長に貢献することで業界や日本を変えていきたい

日々全力で前に進む ジャストインケースグループの社員たち。この企画では、メンバーが当社にジョインするに至るストーリーを、彼ら自身が語る言葉でお届けしていきます!

今回は、Human Resourcesの橋爪です。

justInCase わたしの、ここから。

プロフィール

橋爪裕貴

職種:HR
趣味:ラーメン巡り・読書

大学卒業後、商品先物取引会社で資産運用のアドバイスに従事。仕事で出会う人たちの生活や人生をより良くしたいとの思いで「ヒト」に関わる仕事へシフトし、転職エージェントを経てジャストインケースグループに入社した橋爪が語ってくれました。

お金から「ヒト」へのシフト

大学では経済学部に在籍し、「ヒト・モノ・お金」の大切さを学んでいましたが、その中でも特にお金の動きやその本質に興味がありました。就職活動をしていた頃、大学の授業を通して知った企業買収がテーマのテレビドラマ「ハゲタカ」を見て、トレーダーという職業に憧れを抱きます(笑)年齢や年次に関係なく、実力主義で数字がものを言うタイプの仕事や会社を希望していたこともあり、商品先物取引の会社に入社しました。ビルの上から下まで飛び込み営業をしたり、電話帳1冊分の番号にテレアポをしたり、そうして獲得したお客様の資産運用をしたりと、非常に忙しくタフな2年間でした。

仕事での成長や手応えは感じていたものの、資産運用は情報を調べ尽くして正しい投資行動を取っていても、​​運に大きく影響されることも否めなく、続けていくうちに「この仕事でお客様を幸せにできているのか」という疑問が沸きました。自分が介在することで、出会った人に大きな価値を付与したい。誰かの生活や人生をもっと良くする仕事に携わりたい。そんな思いが強くなり、「お金」から「ヒト」へとシフトして転職エージェントに入社しました。

2社目の会社では、上司・先輩・同僚など幅広い世代の良い仲間と出会うことができましたし、求職者からも企業からも感謝の言葉をたくさんいただきました。大きなやりがいを感じましたが、今度は携わった人や企業のその先をもっと深く知りたくなってしまって。それで、人事職へのキャリアチェンジを決めました。

入社の決め手は「介在価値の広がり」

企業の人事職を志すにあたり、自分の「介在価値が広がること」は最大のポイントでした。個人のお客様に金融知識を提供する仕事を経て、求職者と企業にそれぞれ人材や新しい仕事の場を提供し、介在価値を大きくしてきました。だから、次に働くフィールドは世の中や業界を変えるようなプロダクトを持つ企業がいい。人事として企業成長に貢献することで、業界や日本を変えていきたい。そんな考えに合致したのがジャストインケースグループです。

保険業界の課題を解決し、そのあり方まで変革する可能性を秘めているInsurtech領域に大きな可能性を感じました。選考が進むにつれて保険業界の面白さをどんどん感じていったことも入社要因の一つですが、代表の畑をはじめとする面接官の質問も、実は大きな決め手です。面接ではかなり頭を使わないと答えられない質問が多く、普段から論理的なコミュニケーションや考え抜くことが実践されている企業なのだと感じました。過去の仕事においても“突き詰めて考えること”が好きだったので、企業風土や仕事の仕方が合っているだろうと考えて入社を決めました。

現在はHRとして、採用業務を中心に、人事評価制度の設計・運用、組織開発、OKR運用、人事労務、全社総会の企画運営など多岐に渡る業務に携わっています。定量的な目標を追いかけていた前々職、前職と異なり、定性的なゴールが多い人事職に戸惑うこともありましたが、従業員が働きやすい環境を整備する、組織をよくすることでプロダクトや企業の成長を促進するなど、数字以外でも大切なことを見つけることで自分なりの「人事職」が見えてきました。

“圧倒的に成長できる環境”で挑みたいこと

ジャストインケースグループの良いところは、スタートアップならではの柔軟性や流動性があるところ、やりたいことは自分で主体的に進められること、考え抜く人が多いこと、仕組みで解決しようとするところなどたくさんあります。その中でも最も良いところは“圧倒的に成長できる環境”に身を置けることです。これはHR部門に限ったことでなく、当社の多くの人が感じていると思います。業務や会社に関わることについて、気になったことは誰でもすぐに提案してフラットに議論できる環境や雰囲気があるし、新しいことへのトライ(&エラーも)が歓迎されています。

担当する業務領域は広いですが、最も挑戦したいことは「組織開発」です。従業員間の関係性や部署間の関係性へ働きかけ、組織を活性化することで企業のパフォーマンスを上げていく取り組みですが、人事職を目指すにあたって重要視していた「介在価値が広がること」はまさにこれだと考えています。

業務効率改善や組織課題の抽出・改善、マネジメントの教育支援やコミュニケーション活性化の仕組みづくりなど様々な角度からアプローチしていきますが、ジャストインケースグループでは“右脳と熱量”がキーワードだと見ています。議論が好きで、ロジカルに物事を考え、左脳で色々なことが決まる会社だからこそ、そこに右脳と熱量が加わることにより、大きな変化とさらなる躍進があるはずです。オフィスでの声かけといった小さなことから、全社大会の企画運営まで、帰属意識を高めて会社の温度を上げる取り組みを継続し、会社と従業員の成長に寄与していきたいです。

保険料ゼロ円からのがん保険をご存知ですか?

  • がんになったら80万円給付!
  • がんになった人の保険金をみんなでわりかん
  • 誰も請求しないと保険料の支払いはゼロ円
  • 毎月の保険料は最大でも500円(被保険者: 20-39歳の場合)

↓↓↓詳細は画像をクリック↓↓↓

メンバー紹介の最新記事